たとえば未経験からIT業界へ転職するなら

IT業界に未経験の人が転職する際、ある種の固有のイメージというものがあります。例えば、IT業界で代表的な職種はプログラマーやシステムエンジニアがあります。これらは、専門的な知識やスキルを有する職種のため、難しそうで未経験からは採用されなさそうというイメージが一般的にあります。しかし、実際はそういったイメージとは違います。転職サイトの求人を見てみると「未経験OK」とされている求人が多くあります。さらに、実際にIT業界に入ってみると主に知識やスキルは入社してからの研修に参加して身に付けることがほとんどです。このことから、IT業界の未経験者に対しての採用は今現在のITのスキルを重視しているわけではないということです。しかし、未経験からIT業界に転職ずる場合は学び続ける姿勢が重要になってきます。学ぶという意味合いでは資格の勉強が有効です。世の中にはIT業界関係の資格が多くあります。必須の資格というものはありませんが、スキルや知識を身に付け、アピールする手段として使うことができます。

IT業界での転職について考えていきましょう。