IT技術者として働き続けるなら転職も選択肢

ひとくちにIT業界といっても、営業さんもいれば、管理職もいるわけで、ここではIT技術者(システムエンジニア、プログラマ)として働くことについて。
いろいろな現場があって、幸せに仕事している人、たんへんな目にあっている人、さまざまですよね。
IT業界はけっこう大変な状況に陥ることが多いです。納期に間に合わず残業というケースです。こうした状況が続くととてもじゃないですがやってられないですよね。
IT業界で働いていくといっても必ずしも同じ会社にずっとい続けないといけないわけではないはずです。どうしても今の会社では今後よくなっていくとは思えないなら思い切って転職してみるべきでしょう。おかれている状況が厳しければそれこそがIT業界で働き続けていくことにつながります。そうしないといずれつぶれてしまいますので、働き続ける選択肢としては転職ということになるでしょう。
もちろん転職は慎重に。転職した先でも同じだと目も当てられません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です